top of page
  • てらよめ

大師講


雨の中のあじさい

本日21日は大師講(だいしこう)といって、お大師さまである空海上人の縁日でした。

およそ1200年前の3月21日は、お大師さまが永遠の瞑想に入った日であり、

玉蔵院では毎月21日にお檀家さんと信者さんと一緒に本堂にてお経をあげています。

今日は今年一番の大雨で、まさに台風がきたかのような大嵐になり

「誰もいらっしゃらないだろうなぁ~残念だなぁ」という気持ちでおりましたが、

ふたを開けてみれば、ほぼいつも通りの参加者数でした!!

ニュースによると飛行機が遅延したり新幹線が止まったりしたそうで

予報以上の悪天候だったにもかかわらず集まって下さった方々に

とてもありがたく感動するばかりでした。

住職・副住職のようにお檀家さん参りをしない私にとっては、

大師講は貴重なお檀家さんとのつながりを持てる機会です。

いつも大変楽しく時間を過ごさせていただいています。

本日もお参りありがとうございました☆

大師講について詳しくは、こちらのページに説明がございます。


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月4日に写経会を行いました。 今回は17名のご参加と大人数でのご参加ありがとうございました。 こういう時に限って写真を取り忘れるという(笑) 今までずっと撮ってきたのに65回目にしてついにやらかしました。 来月の写経会は15日(木)午後2時~午後4時です。 ご興味ある方は事前にご連絡くださいませ。 **************** ******** ******** ******* 当寺の写経

bottom of page