• 副住職

被災地に土嚢袋を送らせて頂きました。


月一回行なっている玉蔵院の写経会ではお一人あたり500円を頂いております。

一度でも参加された方にはご説明させて頂いておりますが

「参加された方から頂いた500円を積み立て、一定の額が集まり次第

毎年の様に起きている災害の被災者の方々へ

義援金または必要な物資を送らせて頂きます。」とお伝えしております。

今回初めて

2018年6月18日に起こった大阪地震の震源地である

大阪府高槻市の社会福祉協議会へ土嚢袋を送らせて頂きました。

なぜ土嚢袋かというと

地震により瓦がずれたり、落ちてしまった屋根にブルーシートをかけて

そこに今回送らせて頂いたUVカットの土嚢袋に砂を入れて重石にするそうです。

送り先については私自身、縁があり尚且つ

一番有効活用してもらえると判断し、決定いたしました。

土嚢袋送った後に西日本水害が起き、各地に大規模な被害が及びました。

長期的な支援が必要になるので、また皆様からの500円を何かしらの形で活用させて頂きます。

写経は本来、ご自身の願意を込めて行います。

ただ玉蔵院の写経会では

写経を行うことによって、名も知らないけれど困っている誰かのためにもなります。

援助の規模としては小さなものではございますが、少しでも早く平穏な暮らしが戻る事を祈っております。

#被災地支援

235回の閲覧

最新記事

すべて表示

避難所としてのお寺

こんにちは! 先月の台風15号、19号で被災されたかたも多くいらっしゃったかと思います。 玉蔵院にも19名の避難者がご来寺され、皆さんで台風が過ぎるのを待っていたと聞いています。(副住職一家はたまたま私の実家(富山)に帰省中でご対応できず、申し訳ありませんでした) 住職と母が避難者の方の対応や、葉山町の災害課、災害運営委員会の方々と連絡をとったりとめまぐるしい中、避難者の中には一緒に避難者対応をし

電話番号 046-875-3531

 

住所 ​神奈川県三浦郡葉山町一色2154

  • Facebook Social Icon

参拝時間 午前八時~午後五時