• てらよめ

「こどもの食卓」開催しました!


お寺での開催も3回目となり、早くも葉山に定着してきた気がします。

11月27日に「はやま食卓プロジェクト」主催の下、満員御礼(むしろ定員オーバー!)75名のお子様達と一緒に、大豆ミートで作った体に優しいそぼろご飯と地元で採れたお野菜をたくさん頂きました!

お寺の雰囲気も味わってほしく、2つのワークショップを体験してもらいました。

1つは「仏具でドン!」

お寺にはとても耳に心地よい音のなる仏具がたくさんあります。

いつもは触れちゃいけない大切な仏具ですが

仏教や寺に親しみを持って欲しいという願いを込めて

こども達に触ってもらい、自由に音を鳴らしてもらいました。

最後に音楽に合わせて鳴らして、ちょっとドキドキ。

でも大きな音で解放的になっちゃう愉快な時間になったかな!?他のお寺では絶対にやらないように・・・

2つめは副住職による「瞑想の時間」

緊張するのはどんな時?と聞くと「サッカーの試合」「人前で話をするとき」「テスト」など色んな答えが返ってきました。そんな時に、こういう呼吸法をすると落ち着いて本来の力が発揮できるよ。という話をし、瞑想時に行う呼吸法に挑戦してもらいました。

つらつらと書いておりましたが

ワークショップが終わる頃には広間にご飯の用意ができています。

みんなでご飯を作ってくれたボランティアのママ達、食材を提供してくださった方々、食材を作ってくださった方々に感謝し合掌「頂きます~!!」

おかわりいっぱいで、なんと残食ゼロ。

大豆ミートも見事にお肉として思い込んだまま、子どもたちはお帰りになりましたとさ。あるご家庭のお子さんは帰ってから、今回のメニューがお肉ではなく大豆だったことを知って呆気にとられていたそうです笑

はやま食卓プロジェクトが開催する”こども食堂”は今回で11回目。

回数が増えるごとに食材のボリュームも増え、ボランティアの方々も増え、どんどんパワーアップしています。募集もすぐに埋まり、毎回キャンセル待ちがでるほどの人気ぶりとなっています。

一般家庭の子も、貧困家庭の子も、孤食の子も、同じように楽しみに来てくれるこの会が、誰かの支えになるよう心から応援しています。また来年も来てくださいね~

#地域貢献

37回の閲覧

最新記事

すべて表示

避難所としてのお寺

こんにちは! 先月の台風15号、19号で被災されたかたも多くいらっしゃったかと思います。 玉蔵院にも19名の避難者がご来寺され、皆さんで台風が過ぎるのを待っていたと聞いています。(副住職一家はたまたま私の実家(富山)に帰省中でご対応できず、申し訳ありませんでした) 住職と母が避難者の方の対応や、葉山町の災害課、災害運営委員会の方々と連絡をとったりとめまぐるしい中、避難者の中には一緒に避難者対応をし

御朱印ワークショップ、阿字観、盛況におわりました

年々盛り上がりが増している「葉山芸術祭」、今年からお寺も参加させていただきました! 5月2日、3日の御朱印作りワークショップでは、”世界で一つの”というタイトルにぴったりのオリジナル御朱印帳を皆さん作られていました。幼稚園生から80代の方まで幅広い方々にご参加いただきました。勝手ながら、女性ばかりいらっしゃるかな~と予想していたのですが、若いパパや(しかも2歳の息子くんと2人でご参加)おじいさんと

電話番号 046-875-3531

 

住所 ​神奈川県三浦郡葉山町一色2154

  • Facebook Social Icon

参拝時間 午前八時~午後五時