新しい命が生まれました

こんにちは!てらよめです。 3月15日午後6時21分に無事次男を出産いたしました。 東逗子の丸山産婦人科さんにて、母子ともどもお世話になりました☆ 2人目なので、初産の時よりもお産は軽く早く生まれてくれるかなぁ〜と呑気に構えていましたら、なんと13時間の長丁場となりました。笑 次男の名前は、侑仁(ゆきひと)です。 ”侑”には「たすける、すすめる」という意味があり、思いやりのある人に育って欲しいという願いを込めました。 ”仁”は、長男照仁と同じく、父親である副住職から一字頂きました。 もし彼が僧侶を目指してくれたら、ゆきひと→ユウジンと読むことになります。 長男の出産と育児を通して、今まで漠然と捉えていた”命”や”人との繋がり”が少しずつ形作ってきた様に思います。長男のお陰で、子ども食卓プロジェクト(子ども食堂)や子どもを支援しているグループへの協力、防災活動、独居高齢者への支援など、自分で感じ考え行動する機会が自然と多くなりました。 お彼岸直前に次男を出産した今は、ご先祖様との繋がりや、家族のいる有り難みをひしひしと感じています。本当に子から教わることが多い日々です。 まだまだ母としてもお寺の嫁としても大変未熟ですので、 お檀家さんや地域の皆様のお力をお借りしながら子育てを頑張っていきたいと思います。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 #お寺

春のお彼岸

今日でお彼岸明けとなりました。 お檀家の皆様、春のお彼岸もお参りさせていただきありがとうございました! お中日だった春分の日は、雪が降り積もる様なお天気でしたが 期間中は、例年通りたくさんの方がお墓まいりにいらっしゃいました。 3月21日はお大師様が入定された日ということもあり、 この日の大師講は、檀信徒聖典に代わって観音経をお唱えしています。 (観音様は衆生(生きとし生けるもの)の声や祈りの声をきき、お救いくださいます。 観音経とは、いつも我々を見守ってくださる観音様の徳を讃えお唱えしましょう。というお経です。) また大師講では、毎年ぼた餅もお作りしてお接待させていただいております! 今年もとても美味しいぼた餅でした〜♫ #お寺

第十回写経会

3月14日に三月の写経会を行いました。初夏の陽気の中、歩いていると汗ばむくらいの温かさに寒いのが苦手な私にはありがたい限りです。 冒頭からどうでもいい個人的な話はさておき写経会も十回開催することが出来ました。

第2回 永代供養墓合同説明会を終えて

春のお彼岸を前に、少しずつ暖かくなって参りました、 説明会の日は、寺庭にある梅の花が満開で皆さんをこころよくお迎えすることができました! 今回の説明会も、まず本堂にて玉蔵院の歴史を知って頂き、 実際に永代供養墓を見てもらい、 客殿にて、当寺の永代供養墓に対する考え、ご供養のこと、納骨にかかる費用などをお話させて頂きました。 質疑応答も含めて、今回も1時間半ほどかかりましたが いずれの日も少人数での開催だったため、一組一組のご意向に沿う様な流れで開催できました。 お一人お一人のお顔が違うように、想いも考え方もそれぞれで、 どなたでも安心して任せて頂けるお寺でいられるように、今後も試行錯誤していきたいと思います。 次回は9月に開催を予定しています。(日にちは未定) 広報はやま、HPで告知いたしますので、よろしくお願いいたします! #永代供養墓

電話番号 046-875-3531

 

住所 ​神奈川県三浦郡葉山町一色2154

  • Facebook Social Icon

参拝時間 午前八時~午後五時